2013年11月26日

ルイボス茶の効能・効果・副作用などについて調べてみました

ルイボスティーが体にいいらしいというのを聞きましたので、プチ健康オタク
の私も気になったのでいろいろ調べてみました。

ルイボスというのはマメ科の植物で、南アフリカ共和国の、セダルバーグ山脈の一帯だけに生えているみたいです。
他の場所でも栽培しようとしたみたいですけど、失敗したんですって。
難しいものなんですね。ルイボスって貴重なんだな〜と思いました。

この葉を乾燥させたのがルイボスティーですね。
ルイボスティーには甘みがあって、カフェインは入っていないそうです。
抗酸化作用があって、古くから先住民が薬草として使っていたんですって。

ノンカフェインというのはいいですね。夜のティータイムもいけますね。
私はカフェインを摂ったら目が冴えて寝られなくなります。
ルイボスティーならそんな心配はないですね。

効能や効果については、いろいろと見て回ってきました。
ミネラルが多いんですね。アトピーやアレルギーにいいという文章もありましたね。
先住民が薬草として使っていたくらいですから、何かしらの効果はあるかもしれませんね。

また、スーパーオキシドディスムターゼを活性させてくれるみたいです。
スーパーオキシドディスムターゼは初めて聞いたのでなんのことが調べてみると、
体の中にあるもので、ルイボスティーはこれを活性させて抗酸化作用があるということです。
ちょっと難しくて理解しきれませんでしたが、体にいいということですね。

抗酸化作用は、私にとってはうれしいです。活性酸素は体にとってよくない
ものみたいなので、なんとかしたいと思っていました。

さっそくルイボスティーを注文しようと思って、これまたいろいろと検索
していたら、ちょうどお手頃価格のルイボスティーを発見しました。

ルイボスティーってこんなに安いの?!とびっくりしたんですけど、
今だけの限定価格みたいですね。在庫がなくなったら終了と書いてありました。
私もルイボスティーデビューしてみます(*´∀`)

1パック10円! 100個入りルイボスティーが今だけ1,000円
posted by まみ at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康食品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。